車種別メニュー
CUSCOカタログ(全ての製品) スタビ&補強ミニカタログ
  • モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

クスコ・全日本ラリー


 

全日本最終戦・新城ラリーで、柳澤宏至がポディウムフィニッシュ!


2013年全日本ラリー選手権(JRC)の最終戦となる第9戦新城ラリー(ターマック)が10月26-27日、愛知県新城市を拠点に開催された。

 

開催10年目という節目を迎えた新城ラリーは、ここ数年、選手権の最終戦を飾っている舗装戦。自治体と共に地域に根ざしたイベント開催を目指して年々規模が拡大されてきたが、今年は愛知県からの支援も受けるようになり、拠点を新城総合公園に移しての大々的なラリーパークを展開。ビヨン・ワルデガルド選手、新井敏弘選手、田島伸博選手といった有名ドライバーが登場して特設コースでのデモランを行うほか、公園の内周路に観戦ステージを設定。場内の大型ビジョンに解説付きで映し出したり、インターネット配信を活用した生中継を行うなど革新的な取り組みにも挑戦。併催のTRDチャレンジでは、今年もトヨタのモリゾウ社長が昨年に引き続いて参戦するなど、話題豊富なイベントとなった。天候に恵まれた日曜日は客足も活発で、2日間合わせて4万2千人の来場者を記録する盛況となった。

sp.jpg

 

この新城ラリーの全日本部門に、クスコレーシングからは、柳澤宏至 / 中原祥雅組(JN4クラス)がスバルWRX-STIでエントリー。前戦を欠場しているためにシリーズランキングでは3位が確定している柳澤は、全日本屈指の難関ターマックラリーで、舗装戦での自身初勝利に挑む。また三好秀昌 / 保井隆宏(JN3クラス)も、欠場した前戦で他選手がクラスタイトルを確定させているが、今回はジムカーナチャンピオンでSUPER GTでも活躍している山野哲也選手や、F3ドライバーの勝田貴元選手が、同じ86でスポット参戦してきており、こうした選手とのバトルに注目が集まった。

 

台風の接近により、開催も心配された今イベントだが、進路が逸れて勢力が弱まったために開催エリアへの直撃は回避された。しかし、ラリーウィークは不安定な天候が続き、レッキも大雨に見舞われる厳しい状況。スタート前日には最も強い雨に見舞われたが、デイ1の昼には天候が回復。デイ2は朝から秋晴れに恵まれた。ラリーは、2009年以来の設定となる愛鷹ステージに、地元酒蔵の銘柄名が冠され「ほうらいせん一念不動」(9.18km)としてデイ1に設定。普段あまり使用されていないために、路面を覆う層で非常に滑りやすく選手達を警戒させた。この日は旧有料道路を使用した幅の広い高速ステージ、作手北(6.96km)、ラリーパークでのショートステージ(0.95km)の3本を2回ループする6SSが設定。デイ2は新城ラリーを象徴する難ステージ、雁峰西(14.47km)が朝一番で登場。引き続き、作手北と公園のショートステージを組み合わせた3SSを2ループする6SSでの構成となった。計12SSの総ステージ走行距離は、78.54kmだった。

 

デイ1スタート時には、サービス周辺では雨が一時小康状態となる中で、柳澤はウェットとドライを組み合わせたタイヤを選択。JN4クラスがSS1をスタートする頃になると雨は再び強くなり始め、このコンディションとタイヤ選択がうまくマッチし、柳澤は難所のSS1でベストタイムを叩き出し、さい先の良い滑り出しを見せる。優勝争いは全日本タイトルを争う勝田範彦選手(スバルWRX-STI)、マキシマムポイント獲得がタイトル獲得の条件となる奴田原文雄選手(三菱ランサーエボリューションX)、昨年のこのラリーで2位を獲得し新城を得意としている高山仁選手(スバルWRX-STI)が加わり、熾烈なバトルに展開。2回目の雁峰西では勝田選手のアクシデントにより、全車に同一タイムが与えられたがその後も、柳澤、高山選手、奴田原選手の三つ巴の争いが続く。日中サービスの頃からは晴れ間ものぞいたがラリーエリアだったが、デイ2に設定される雁峰西は木の陰になっている部分のグリップレベルの判断が難しいと予想された。そんな中、柳澤は首位高山選手とわずか0.8秒差の2位という絶好のポジションで初日を折り返した。

yanagisawa_grb_2.jpg
柳澤 / 中原組 CUSCO ADVAN WRX-STI

 

一方、JN3クラスは2回目のほうらいせん一念不動がアクシデントにより全車同一タイムが与えられたため、争いは作手北と1kmに満たないショートステージの比重が増す結果となった。テクニカルセクションでの見せ場がなくなった戦況下、道幅の広い作手北では山野選手、勝田貴元選手がレーサーならではのライン取りで好パフォーマンスを見せる。それでも、2回目の作手北ではこのふたりと、既にタイトルを決めている横尾芳則選手(トヨタ86)に続く4番手タイムを刻んだ三好は、この日最後のショートステージではセカンドベストもマークしてのクラス5位で初日を折り返した。

miyoshi_86.jpg
三好 / 保井組 CUSCO AVDAN 86

 

デイ2は快晴に恵まれたものの朝方はかなり冷え込み、路面温度も上がらない。路面のウェットが履き切らないばかりか山から水が流れ出した雁峰西では、アクシデントが続出する難しいコンディションの中、柳澤もセッティングが路面に合わず苦戦。ひとつ順位を落としたものの、その後は確実に上位2選手に続くタイムでステージをクリアし、ポディウム圏内でのフィニッシュを果たした。一方、JN3クラスでは、新城を得意とする3ドライバーが激しいトップ争いを展開する中で、4位争いも激化。三好は難所の雁峰西、ハイスピードの作手北のいずれもバランスよく安定したタイムを刻む一方で、公園でのギャラリーステージ・SS9ではベストタイムをマークするなど会場を盛り上げ、最終的に4位争いを制し、シリーズでも4位につけて今シーズンの全日本ラリーを締めくくった。


 

DSC_8801.JPG DSC_8811.JPG
写真左: 柳澤宏至(やなぎさわ ひろし) 選手(左) / 中原祥雅(なかはらよしまさ)選手
写真右: 三好秀昌(みよし ひであき)選手(左) / 保井隆宏(やすい たかひろ)選手

 

 

この第9戦新城ラリーをもちまして、今シーズンの全日本ラリー選手権の全日程が終了しました。クスコレーシングはスバルWRX-STIの柳澤 / 中原組がドライバー、コ・ドライバーともにシリーズランキング3位、トヨタ86の三好選手がJN3ドライバーランキング4位を獲得することができました(ポイント集計は当チームによるものです)。1年間応援いただきました皆様ありがとうございました。クスコレーシングの今シーズンの最終イベントは、12月7-8日開催のアジアカップ・タイランドラリーとなります。引き続き応援よろしくお願い致します!

 

 

 



  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • スズキ アルトワークス/アルトターボRS(HA36S)各種パーツ新発売
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン パーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー パーツ特集
  • スバル・レヴォーグパーツ発売中
  • トヨタ86、スバルBRZ パーツ特集
2013全日本ラリー最終戦・新城ラリーレポート
ページトップへ