• CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル

製品ラインナップ
  • 新型アルファード / ヴェルファイア用 ボディ剛性&サスパーツ新発売
  • GRカローラ用パーツ情報
  • フェアレディZ
  • スバル WRX S4
ウェブカタログ
ボディビルドアップパーツ

ボディビルドアップパーツ

BODY BUILD-UP PARTS

走行中クルマのボディはゆがんでいる
クルマを意のままに操るためには高い「ボディ剛性」が不可欠

走行中クルマのボディはゆがんでいる クルマを意のままに操るためには高い「ボディ剛性」が不可欠

クルマは走行中、外からかかる力(路面からの入力)によってボディがしなったり、ねじれたり、目に見えないレベルでゆがみが生じています。剛性が高いボディはゆがみが小さく、剛性が低いボディはゆがみが大きくなります。では、ボディがゆがむとどうなるか? ボディをある程度しならせることは、路面からの衝撃をボディが吸収してくれるので、快適性の向上につながることもあります。しかし、ボディがゆがむと路面へ伝えたい力が吸収されてしまうことになり、コーナリング性能やトラクション性能の低下にもつながるのです。

ハイグリップタイヤや高性能なサスキットを装着しても、ボディが歪んだり、捻じれては本来の性能を発揮することができません。さらにハンドリングや直進安定性に悪影響を及ぼす要因となります。ドライバーの思い通りの走りを実現するためには、路面からの入力で変形しない高いボディ剛性が絶対的に必要だとクスコは考えています。

鍛えられたボディは走りが違う!

鍛えられたボディは走りが違う!

そこでスポット増しやロールバーを装着した競技車のような剛性感を、ボルトオンの手軽さで手に入れられることをコンセプトとしているのがクスコのボディ剛性パーツです。装着によりボディのねじれやゆがみ、さらにはサスペンションのアライメント変化を抑え、そのクルマが持つ本来のサスペンション性能を引き出すことで、ドライバーの操作に忠実でシャープなハンドリングを実現します。スポーツ走行はもちろん、高速道路や街乗りでも車種を問わずその効果を発揮します。

ストラットバー
パワーブレース

究極のハコ造りをしてきたクスコだけが知っている、理想の高剛性ボディ

足回りより、まずはボディの強化から。確実に地面を捕らえる正しいサスペンションの動きを引き出すためには、ヨレない高剛性のボディが必要不可欠。ドリフト、ラリー、レース、ジムカーナ、ダートトライアル、あらゆるモータスポーツで戦ってきたクスコは、限界域でも常に理想の走りを追求するドライビングに応えるボディが何よりも重要だと考えます。究極のハコ造りをしてきたクスコだけが知っている、理想の高剛性ボディの為のノウハウを、このクスコボディ剛性パーツにフィードバックしています。

究極のハコ造りをしてきたクスコ
あらゆるモータスポーツで戦ってきたクスコ
あらゆるモータスポーツで戦ってきたクスコ
ストラットバー

ストラットバーはお手軽かつ効果の大きいボディ剛性パーツです。サスペンション上部を固定しているストラットタワーまわりは、路面からの入力を受けやすい部分で、特に操舵を行うフロントはハンドリングへの影響も大きくなりますコストを優先する自動車メーカーがストラットバーを純正採用することがあるのもハンドリング性能を上げるためなのです。それだけ大きな効果が得られるパーツであるストラットバーは、左右のストラットタワーの変形をガッチリ抑える"突っ張り棒"。もう一つのフレームとしてボディのゆがみを抑え、ステアリングレスポンスを格段に向上させ、シャープなハンドリングを生み出します。さらにボンネットを開けた時に真っ先に目に飛び込んでくる、エンジンルームのドレスアップパーツとしてもインパクト抜群です!

ストラットバー
GRヤリス用ストラットバー装着例

ストラットバー未装着

ストラットバー未装着

コーナリングでクルマに横Gがかかると、タイヤからサスペンションを通じた力がストラットタワーを押し上げ、ボディが微妙に歪みます。ボディが歪むことで前後左右のアライメントが微妙に変化するため、ハンドリングや乗り心地が「ピシッ」としません。

ストラットバー装着後

ストラットバー装着後

ストラットタワーバーは左右のストラットタワーを結びつけ、ボディの歪みを抑えます。開口部が広いため歪みやすいエンジンルーム、ラゲッジスペースの剛性を高め、ボディ全体の歪みを抑制する効果があります。

ロワアームバー

サスペンションのストロークに合わせて上下に動くロワアームも、大きな負荷が加わると取付部のサスペンションメンバーに歪みが生じます。ロワアームバーは左右ロワアーム取付部をガッチリつなぎ横方向の剛性をアップすることで、アライメント変化を抑えサスペンションの正確な動きをサポート。回頭性・接地性の向上により正確でレスポンスの良いハンドリングを体感できます。ストラットバーとは違い、ボディ下部に装着するため見えないパーツですが、その機能は正に縁の下の力持ち!ストラットバーとあわせて上下しっかり補強することで最大限の効果を発揮します。

ロワアームバー
ロワアームバー

ロワアームバー未装着

ロワアームバー未装着

大きな負荷が加わると取付部のサスペンションメンバーに歪みが生じます。

ロワアームバー装着後

ロワアームバー装着後

左右ロワアーム取付部をガッチリつなぎ横方向の剛性をアップすることで、アライメントの変化を抑えます。

パワーブレース

サスペンションの正確なストロークを妨げる要因となる走行中のボディのゆがみをガッチリ抑えるのがパワーブレースです。長年の競技車両製作で培ったノウハウに基づき、アンダーフロアフロント・フロア・リヤセクションから室内まで、車種ごとに最適な剛性アップを考慮し設計されています。またパワーブレース装着による応力分散効果はボディ劣化防止にも効果を発揮します。ロワアームバー同様、ボディ下部に装着するアイテムは、保安基準面で安心して使っていただけるよう最低地上高に影響しない設計となっています。

パワーブレース
パワーブレース
GRヤリス用パワーブレース装着例
GRヤリス用パワーブレース装着例

スポーツタイプだけじゃない!
ミニバン、SUVでもスポーティな走りを志向するユーザーに

モノコックボディの空間が広く開口部の大きいミニバンなどは、路面からの入力に対する影響がセダンやクーペよりも大きい車種と言え、ボディのゆがみが操縦性に大きく影響します。CUSCOはミニバン、SUV、コンパクト&軽カー、ハイエース用のボディ剛性パーツもラインナップ!CUSCOボディ剛性パーツ装着でタウンユースやドライブでも良好なハンドリングを得ることができます。

ミニバン
ハイエース
タウンユースやドライブでも

主要車種ボディ剛性パーツ一覧

クスコボディ剛性アップの主要アイテム「ストラットバー」「ロワアームバー」「パワーブレース」をはじめ、ブレーキマスターシリンダーや、ステアリングラック、ブレーキペダルなど、ピンポイントでボディ剛性をアップするパーツまで、車種・アイテム数ともに豊富に設定してます。

お探しのアイテムや車種ごとの設定はパーツ検索もしくはウェブカタログにてご覧いただけます。

  • ストラットバー

    ストラットバー

    シンプルながら効果的なボディ剛性パーツ
    500車種以上の豊富な設定

    ウェブカタログ
  • ロワアームバー

    ロワアームバー

    サスペンションの土台をガッチリ固めるロワアームバー

    ウェブカタログ
  • パワーブレース

    パワーブレース

    より強固に体幹を鍛えるパワーブレース

    ウェブカタログ
  • ドアスタビライザー

    ドアスタビライザー

    ドアとボディの隙間を埋めステアリングレスポンスを向上

    詳細を見る
  • ブレーキシリンダ―ストッパー

    ブレーキシリンダ―ストッパー

    ブレーキペダルタッチのダイレクト感を向上

    ウェブカタログ
  • ブレーキペダル補強プレート

    ブレーキペダル補強プレート

    ダイレクトなブレーキペダルタッチとコントロール性の向上

    ウェブカタログ
  • ステアリングラック補強ステー

    ステアリングラック補強ステー

    ステアリングラックのガタ・ズレを抑制しハンドリングを改善

    ウェブカタログ
  • CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.