• CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル

製品ラインナップ
  • 新型アルファード / ヴェルファイア用 ボディ剛性&サスパーツ新発売
  • GRカローラ用パーツ情報
  • フェアレディZ
  • スバル WRX S4
ウェブカタログ

TOKYO AUTO SALON 2024

2024.1.12FRI13SAT14SUN
MAKUHARI MESSE

イベント概要

Event
開催スケジュール
1月12日(金)14:00~19:00
1月13日(土)9:00~19:00
1月14日(日)9:00~18:00
開催場所
幕張メッセ 千葉県千葉市美浜区中瀬 2-1
CUSCOブース
国際展示場 西ホール ホール3 Dエリア ブースNo.332
ウェブサイト
https://www.tokyoautosalon.jp/2024/
出展者情報ページ
http://www.tokyoautosalon.jp/exhibitors/detail/10361

ブースイメージ

Booth
ブースイメージ
BOOTH CONCEPT

ブーステーマ・メイン展示

Booth Concept / Main Exhibit
CUSCOメイン展示
C技 CUSCO TECHNOLOGY

『C技・CUSCO TECHNOLOGY』

弊社は1977年の創業以来「自分たちが必要とするものを、自分たちが満足するクオリティーで製作する」というモットーのもと、ホンモノの製品だけを供給することを目的としてきました。パーツづくりにおいて「匠」であるべく培ってきたこれまでの技術力を”CUSCO ”の”技”と称し『C技・CUSCO TECHNOLOGY』をテーマに出展します。
メイン展示となるブース正面の壁には、クスコがある群馬県が誇る特産品織物「桐生織」のデザインを取り入れ、職人技の世界観を表現しています。ぜひCUSCOブースにて『C技・CUSCO TECHNOLOGY』を体感してください。

『BODY BUILD-UP PARTS・ボディ剛性パーツ』展示

どんなにハイパワーなエンジンでも、どんなに優れたサスペンションでも、ボディ剛性が不足しているとその性能を十分に発揮できません。
あらゆるカテゴリーのモータースポーツで戦ってきたクスコの、理想の高剛性ボディの為のノウハウをフィードバックした『BODY BUILD-UP PARTS・ボディ剛性パーツ』。
今回はGR86を例に実車サイズで装着位置・効果など分かりやすく展示します。

BODY BUILD-UP PARTS・ボディ剛性パーツ

キャンペーン

Campaign

TAS2024・CUSCOスペシャルステッカーシートプレゼント企画

CUSCO InstagramもしくはXの投稿に「いいね!」「リツイート」「フォロー」でTAS2024・CUSCOスペシャルステッカーシートをプレゼント!


各日、先着1,000名様までとさせていただきます。
詳しくはご来場の際、CUSCOブース・スタッフにお尋ねください。

展示車両

Car
  • Red Bull GR COROLLA

    Red Bull GR COROLLA

  • CUSCO GR86 by GROW Design

    CUSCO GR86 by GROW Design

  • CUSCO R35 GTーR NISMO 2024

    CUSCO R35 GTーR NISMO 2024

CUSCO DRIVER

CUSCOブース参加ドライバー&ゲスト

Driver and Guest

柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし)

Hiroshi Yanagisawa
柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし) 柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし)車両画像 柳澤 宏至(やなぎさわ ひろし)車両画像

株式会社キャロッセ 営業部長、CUSCO RACINGドライバー

1990年20才でラリー活動を開始し、群馬県を中心に地方選手権への参戦を続けプライベートでキャリアを積む。1997年は全日本ラリーBクラスにシリーズ参戦し、三菱ミラージュ(CJ4A)でのクラス優勝などの活躍により故・加勢裕二にその才能を見込まれ、翌年キャロッセ入社と同時にクスコレーシングからラリーに出場。1998年から2002年までは全日本ラリー選手権Cクラスにスバル インプレッサなどで参戦。2004年からは世界ラリー選手権、アジア・パシフィックラリー選手権に参戦。海外強豪との優勝争いで速さに加え強さも身に付け、7年ぶりに復帰した全日本ラリーではシリーズ復帰1年目で総合優勝を飾る。2016年はプジョー208 R2で全9戦中5勝をマークし念願の全日本ラリータイトルを獲得。2021年はシュコダファビアR5で全日本ラリーを戦いシリーズ4位を獲得。2022年WRCラリージャパンでは、GRヤリスでナショナルクラス優勝を果たす。

  • 2006年

    FIA アジア・パシフィックラリー選手権 シリーズランキング2位(GDBインプレッサ)

  • 2008年

    FIA アジア・パシフィックラリー選手権 シリーズランキング3位(GDBインプレッサ)

  • 2014年

    FIA アジア・パシフィックラリー選手権 第5戦 総合2位(VAB WRX-STI)

  • 2011年

    JAF 全日本ラリー選手権 第5戦 ラリー北海道 総合優勝(ランサーEvo.10)

  • 2012年

    JAF 全日本ラリー選手権 第4戦 ラリー洞爺 総合優勝(GRBインプレッサ)

  • 2016年

    JAF 全日本ラリー選手権 JN-5クラスチャンピオン(プジョー208 R2)

  • 2021年

    JAF 全日本ラリー選手権 JN-1クラス シリーズ4位(シュコダ ファビアR5)

  • 2022年

    FIA 世界ラリー選手権 ナショナルクラス優勝(GRヤリス)

  • CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.