• モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

クスコ・全日本ラリー

 

 

大混戦のJRC モントレー、炭山/保井組は辛抱の6位フィニッシュ、
柳澤/中原組は攻めた結果のクラッシュアウト、
雨の舗装に苦戦の番場/亀森組は最終SSで逆転2位フィニッシュ!

11948478_856496627731504_987055668_o.jpg

 

2015JAF全日本ラリー選手権第6戦「モントレー2015 in嬬恋」(ターマック&グラベル)が8月28-30日、群馬県吾妻郡嬬恋村のパルコール嬬恋リゾートホテルを拠点に開催された。

 

CUSCO陣営からは、3チームからそれぞれ異なるクラスにエントリーと華やかな体制となった。まずCUSCOレーシングからは、VAB型スバルWRX-STIで今季3度のポデュウムフィニッシュを果たしている炭山裕矢(すみやま ゆうや)/保井隆宏(やすい たかひろ)組がJN6クラスにエントリー。ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチームからは、プジョー208GTiでの参戦で注目を集め、第2戦久万高原で早くも今季1勝を挙げている柳澤宏至(やなぎさわ ひろし)/中原 祥雅(なかはら よしまさ)組が激戦区のJN5クラスに。そしてCUSCOジュニアラリーチームからは、第3戦若狭ラリーでJN4クラス優勝を果たした番場彬(ばんば あきら)/亀森隆志(かめもり たかし)組が、再びトヨタ86で名を連ねた。

参戦情報 http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/2015_6_3.html

 

P1290997.JPG P1300008.JPG

 

関東圏内で唯一開催される全日本ラリーであるこのモントレー戦の舞台となる群馬県は、もちろんキャロッセにとっては地元イベント。関東ラリーの聖地としても名高く、名ドライバーを何人も輩出しており、群馬県出身のラリードライバーにとっては特別な思いのあるラリーだ。今回は季節柄、集中豪雨の可能性が高いことに配慮し、特別規則により通称Sタイヤとも呼ばれるセミレーシングタイヤの使用が禁止された。

 

そして嬬恋村で全日本戦が開催されるのは今年が2回目となるが、昨年同様、浅間、白根、万座を望む雄大なパノラマを背景に走るハイスピードステージ「パノラマ」をはじめ、国内モータースポーツの発祥の地として知られる浅間サーキットのグラベルコースにも観戦ステージ「あさま」が設けられた。そして今回は約半分がグラベルという6kmステージ「群馬坂」が登場。ミックスサーフェスのトリッキーなステージ設定に加え、初日から断続的に降る雨が一時的に強くなるなど、タイヤ選択も非常に難しい状況となった。

 

デイ1はこのラリー最長7kmの「パノラマ」や、「パルコール」のショートSSを含む10SSトータル50kmの構成。デイ2は、浅間サーキットや「桟敷」「群馬坂」などのニューステージに「パルコール」を組み合わせた7SSトータル23kmが設定されたが、SS14「あさま」は雨の影響でキャンセルとなった。

 

 

イベントは、昨年に引き続き拠点となるパルコール嬬恋にラリーパークを展開。関連企業や飲食のブースや出店が立ち並ぶほか、隣接のショートSS「パルコール」ではラリーカーやデモランマシンの走行を間近で見れたり、トークショーなどのステージイベントも行われた。あいにくの雨模様となったが、夏休み最後の週末を過ごす家族連れも多く、大いににぎわった。

P1300013.JPG P8292074.JPG

 

 

猛暑から一転、雨続きとなったラリーウィークはレッキが始まっても気温があまり上がらず、ラリースタートも雨模様となった。タイヤに規制がかかった上にウェットコンディションに影響されて、ラリーの展開もやや混乱。炭山/保井組は、ラジアルタイヤでの競技走行は初めて、もちろんウェットコンディションでの走行も初めてということもあり、序盤は様子を見ながらのアプローチで臨んだが、滑り出しが慎重過ぎたか予想以上にタイム差が開いてしまう。急に気温が下がった上に標高も高く、セッティングを合わせ切れなかった中で奮闘するが、その後も部分的に路面が乾くなどトリッキーな状況に思うようにペースが上がらず、初日は8位で終えることに。ナイトサービスでは翌日に向けてサスペンションをグラベル仕様に変更し臨んだが、デイ2はさらに雨足が強く予想以上の苦戦を強いられる。それでも順位を2つ上げ6位でフィニッシュを果たした。
IMG_3688.jpg _1100452_2.jpg

 

 

一方、ポイント争いが激しくなっているJN5を戦う柳澤/中原組は、SS1からベストタイムをマーク。SS5までクラス首位を死守するが、部分的に路面が乾いてきたSS6で巻き返しを図ってきた舗装スペシャリスト、アバルト500ラリーの眞貝選手にかわされトップを譲る。それでも2位の座を守り切り、16.9秒差で迎えたデイ2。「攻めるしか選択肢はない」と臨んだこの日最初のSS11だったが、スタートから約2kmの地点で痛恨のスピン。リアがコースサイドの土手に乗り上げた勢いでコドライバー側から横倒しになってしまった。これでラリーからリタイアとなったが、デイ1を2位でまとめたことにより貴重なデイポイントを獲得した。
P1300126.jpg _1100466.jpg

 

 

JN4クラスの番場/亀森組は、嬬恋拠点のモントレーは初の参戦。初めて挑むステージがウェットコンディション、さらに路面にある独特のくぼみで度々挙動を崩されるなど、思うようにマシンをコントロールできず我慢の走りに徹しながらもデイ1をクラス3位で折り返す。ナイトサービスでは、アンダーステアを解消する方向で調整を行って臨んだデイ2だったが、それでもクラス2位の石川選手(スバルBRZ)との差が縮まらない。追い込まれた番場/亀森組は最終セクション前のサービスで悩んだ揚げ句に、ドライビングスタイルを変える大英断で最後の勝負に出ると、最終SSを前に12.4秒あった差を6.7秒にまで詰めることに成功。そして残る最終SSグラベルミックスの「群馬坂」で会心の走りでクラスベストを叩き出しついにポジションアップ。JN4クラス2位でのフィニッシュを決めて、タイトル争いでも自力優勝の可能性を残した。
11889586_881058695304058_3095571213240354934_n.jpg _1100478_2.jpg

 

 

モントレー2015 in 嬬恋 公式HP http://www.rally-montre.com/

リザルトページ http://www.rally-montre.com/result/index.html
 

 

今回も応援いただきました皆様ありがとうございました!

JRCの次戦、第7戦「ラリー北海道」はポイント係数が2倍となるシリーズの大一番。FIAアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)との併催で9月18-20日、北海道帯広市を拠点に開催されます。次戦も応援よろしくお願いします!

 

 

炭山裕矢選手コメント
「昨年のモントレーや、前回の舗装戦(若狭ラリー)と、いずれもウェット舗装でリタイアしているので、序盤はかなり慎重過ぎてしまったかと思います。ターマックでの攻め具合をまだ模索している状況ですが、今年の全日本戦は舗装戦が多く、さらに雨になることも多いので、何とか舗装での手応えをつかめるように、この課題を克服していきたいと思います」
P8292102_2.jpg

 

 

柳澤宏至選手コメント
「前日に16秒ほどの差がついていたので、2日目最初のステージで何とか状況を変えなくてはと臨みました。スピードの乗る区間の左コーナーでリアが滑りスピンを喫し、止まり切れずに引っかけて転倒してしまいました。スタートから2kmほどだったので、まだタイヤが冷えていたのかもしれません。地元群馬戦ですし、今回は行けると思っていただけに残念です。ただ、行くしかない勝負だったので、その結果だったと思っています。現状、速いところと苦手なところの幅が大きいように思うので、その差を詰めていきたいですね」
_1100461_2.jpg

 

 

番場彬選手コメント
「嬬恋でのモントレーは初めてでしたが、雨が多く、グラベルとのミックス路面、舗装も路面に独特のくぼみ、僕はハンプと呼んでいますが、ここでマシンが下に吸い込まれて反動でマシンが跳ね挙動を乱されることが多いなど、過去に経験のない事がとても多かったイベントでした。天候も変わりやすく、自分がスタートする2台前から雨が降り始めるなどとてもトリッキーでした。群馬の道に教えられた、という印象のラリーになりましたが、自分もまだ伸び代があるなと思っています。マシンの方もコツがつかめてきたし、自力タイトルの可能性も残したので残りのイベントもがんばります」
11921787_1044194965591217_3207017451184939742_n.jpg

 

 

 

2015年 第1戦(唐津)レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/20151_cusco_1.html
 

2015年 第2戦(久万高原)レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/20152_cusco.html


2015年 第3戦(若狭)レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/86932015.html
 
 
2015年 第4戦(洞爺)レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/20154_cusco.html
 
 
2015年 第5戦(福島)レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/20155_1.html

 

 

 

 

cusco_quality.jpg

CUSCOにとってモータスポーツは開発、実験の現場です。

ワークスチームである CUSCO Racing から参戦するマシンはすべて自社製作のマシン。

そこに使われるパーツの設計から製造まですべて自分達で行い、モータースポーツの現場でテストする。

常に「もっと速く」「もっと使いやすく」「もっと丈夫に」と開発された製品は今、

世界中のクルマ好きの人々から本物として認められています。

CUSCO は大好きなモータースポーツを通じた製品の研究開発を37年前の創業時からずっと続けています。

MI4_9116.jpg


CUSCO 競技専用サスペンションキット
cusco_suskit.jpg

 

CUSCO LSD
CUSCO_LSD.jpg

 

SAFETY21 ASN公認ロールケージ
SAFETY21_rollcage.jpg

 

 




  • スズキ アルトワークス(HA36S)各種パーツ新発売
  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン クスコパーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー クスコパーツ特集
  • スバル レヴォーグ クスコパーツ特集
  • トヨタ86 スバルBRZ クスコパーツ特集
2015全日本ラリー第6戦モントレー CUSCOレポート
ページトップへ