• モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

クスコ・全日本ラリー

 

JRCがんばろう!福島 炭山/保井組がポデュウムフィニッシュ!
竹内/加勢組もGRB初戦で確かな手応え

MI4_6038.jpg


2014年全日本ラリー選手権(JRC)第3戦「がんばろう!福島MSCCラリー」(グラベル)は6月6-8日、福島県東白川郡棚倉町にあるルネサンス棚倉を拠点に開催された。

 

クスコレーシングからは、今季はエースドライバーとして全日本戦に参戦している炭山裕矢(すみやま ゆうや)/保井隆宏(やすい たかひろ)がスバルWRX-STIでJN-6クラスにエントリー。また開幕戦唐津戦では、スバルBRZでJN-4クラス優勝を果たした竹内源樹(たけうち げんき)が加勢直毅(かせ なおき)コ・ドライバーと選手権最高峰のJN-6クラスに挑戦。マシンは自身初めて実戦で駆るGRB型スバルWRX-STIとなった。

 

東日本大震災以降、復興イベントとしての開催を続けている全日本の福島戦は、ギャラリーステージやサービスの公開の他、ラリーパークを設定するなどイベント活性化への努力を続けており、今年は初めて福島県いわき市にある人気リゾート施設、スパリゾートハワイアンズにもサービスを設定しラリーの注目度を高めた。ラリーは6月7日に5.29km、11.06km、6.18kmの3本を2ループした後、ルネサンス棚倉でのスーパーSSを2回走行する8SSが設定。8日は4.63km、2.81km、0.94kmの3SSを2回ループする6SSの構成で、計14SSの総ステージ走行距離は62.72km。路面は基本的にグラベルだが、使用した7本のステージ中、3本に一部ターマックセクションが含まれ、SS11、SS14にオールターマックの鹿角平ステージ0.94kmが設定された。

MI4_6520.jpg

MI4_5502.jpg

 

 

東北地方が直前に梅雨入りしたことから、レッキの時点から雨に見舞われたラリーエリア。競技中も路面はフルウェットで、雨が時折強くなったり弱くなったり、一時止んだりと不安定なコンディションが続いた。戦況も荒れ模様となり、序盤からリタイアが続出するサバイバル戦となった。

 

前戦の久万高原では、終盤まで選手権最強豪の一人である奴田原文雄選手(三菱ランサーエボリューションX)と壮絶なバトルを繰り広げた炭山/保井組。今回の福島戦では、マシンセッティングをよりコンペティティブな方向に変更して臨んだ。新セッティングでの初ステージ、SS1では奴田原に1.2秒差の2番手タイムを叩き出し順調な滑り出しを見せた炭山だったが、続くロングステージでは24.8秒遅れと大きくロスしてしまう。フィーリングは間違いなく改善しているという炭山だったが、このロングステージに関してはセッティング変更が裏目に出てしまったようだ。Day1終盤、上位につけていた新井敏弘選手(スバルWRX-STI)のトラブルによる脱落で順位は3位に浮上。2番手の勝田選手とは40秒差でデイ1を終了。引き続き雨となったDay2。炭山は最後までプッシュしポジションキープの3位でフィニッシュ。周囲にトラブルが続出する状況で、バーストやトラブルを一切寄せ付けず安定した速さを保ち続けた炭山/保井組は今季初ポデュウムを獲得し、さらなる改善のための課題も多く見つかり次戦への期待を残した。

 

JN-6クラス 3位・総合3位
炭山 裕矢 / 保井 隆宏 組 CUSCO ADVAN WRX-STI

MI4_5580.jpg

MI4_5788.jpg

 

 

 

一方、全日本の強豪がひしめくJN-6クラスに挑んだ竹内/加勢組は、初めて実戦でドライブするGRB型WRX-STIに慣れることが課題。SS1で9番手タイムと順調に滑り出したが、SS2の3km地点で右フロントタイヤがバーストしてしまう。ステージ内でタイヤを交換し再びコースに戻ったが、後続クラス車両の後ろを走ることになってしまったために、5分半以上と大量のタイムロスを喫してしまった。順位ではクラス最下位にまで後退したが、その後は順調に走行を続け、2ループ目に入ると徐々にペースアップ。SS5のロングステージでは7番手をマークし調子を上げてきた矢先、続くSS6で轍(わだち)の中の石にヒットしてしまい左フロントのロワアームを破損。残念ながらここでデイリタイアとなってしまった。マシンを修復して再スタートしたデイ2では、トラブルなくこの日のステージをすべて走破。自身が得意とする高速グラベルの洞爺に向けて貴重な経験を積んだ。

 

JN-6クラス Day1レグリタイヤ・Day2完走
竹内 源樹 / 加勢 直毅 組 CUSCO ADVAN WRX-STI

MI4_6371.jpg

 

 

全日本ラリー選手権 第4戦「ARKラリー洞爺」 (グラベル)は、7月4-6日、北海道虻田郡の洞爺湖文化センターを拠点に開催される。

 

 

炭山裕矢選手コメント
「前戦の久万高原では感覚が合わない中でタイムが出ていたのですが、今回はフィーリングがよく違和感がなかったのに、タイムが伸び悩んだ。前回よりも疲れがひどいので、ドライビングがバタバタしてしまっていたのだと思います。全日本はステージの距離が短いので、何かひとつ合っていないことがあると、その影響が大きく出てしまいます。多少の乗りにくさも覚悟して全体のバランスを図るセッティングを検討しなくてはならないなど、多くの課題が見つかりました。その中でもトラブルが一切なく、3位という結果が出せたことはよかったと思います。悪かった点の原因はつかめているので、久万高原、福島での良かったところをうまく活かして、洞爺につなげていきたいと思います。4強の中の3番、4番ではなく常に優勝争いに絡めるところまでポテンシャルアップしたいですね。」

MI4_6445.jpg

 

 

竹内源樹選手コメント
「今回はまずクルマに慣れる、タイムを出すために何ができるかを見いだすことを課題に臨みました。リザルトとしてはうまくまとめることができませんでしたが、要所要所で手応えを感じる部分がありました。GRBは、うまく走れればタイムが出せるマシンですね。自分の経験値との差を修正して順応していきたいと思います。コーナー単位では、うまくクリアできたと感じるところはあったので、ステージ全体で内容の精度を上げていきたい。7番手タイムを出したSS5では6割くらいの出来になったと自分でも感じられていました。もっとテストや練習を重ねて4番手くらいのところでバトルができるように目指していきたいと思います。次の洞爺は初めて参戦しますが、高速ステージは好きなので、今回つかんだものを活かしていきたいと思います」

MI4_5233.jpg

 

 

2014年 第1戦 唐津レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/2014_2014_in.html


2014年 第2戦 久万高原レポート
http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/2014_4.html

 

がんばろう!福島 MSCCラリー2014 HP
http://www.mazdasportscarclub.jp/Fukushima2014.html


リザルト速報ページ
http://trics.fiw-web.net/jrc/14/mscc/result.htm


JRCAホームページ
http://www.jrca.gr.jp/

 

 

MI4_5453.jpg

MI4_5780.jpg

MI4_5875.jpg

MI4_5246.jpg

MI4_5264.jpg

MI4_5919.jpg

MI4_5306.jpg

MI4_5277.jpg

MI4_6076.jpg

MI4_4915.jpg

MI4_6480.jpg

MIT_3285.jpg

MIT_2974.jpg

MI4_6453.jpg

MI4_6651.jpg

MIT_3440.jpg

All photo by Mitsuru Kotake

 

 

 




  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • スズキ アルトワークス/アルトターボRS(HA36S)各種パーツ新発売
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン パーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー パーツ特集
  • スバル・レヴォーグパーツ発売中
  • トヨタ86、スバルBRZ パーツ特集
2014 全日本ラリー第3戦『がんばろう!福島MSCCラリー』レポート
ページトップへ
ページトップ
  • CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.