• モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

クスコ・全日本ラリー

 


注目の新設JN-4クラスで竹内 / 安東組BRZが優勝!

MI4_1146_500x375.jpg

 

 

2014年JAF全日本ラリー選手権(JRC) 開幕戦『ツール・ド・九州2014 in 唐津』が4月12日-13日、佐賀県唐津市周辺で開催された。今シーズンも全9戦で構成されるJRCはここ数年この唐津で開幕され、セレモニアルスタート会場の唐津神社では、選手一同の安全祈願と記念撮影が恒例行事となっている。
 

今大会クスコレーシングからは炭山/保井組、牟田/加勢組の2台のインプレッサが参戦。さらに今季新設されたJN-4クラスには、BRZのドライバーに竹内を抜擢しエントリー、コ・ドライバーには若手育成に定評のあるベテランコ・ドライバー安東貞敏を迎えた。

ラリーは2日間に渡りターマック全16ステージで構成され、昨年多くの観客を集め好評だったサービスパークに隣接するギャラリーステージを含むトータル69.35kmで争われた。

MI4_0092.jpg

 

 

 

JN-6クラス5位・総合5位
炭山 裕矢 / 保井 隆宏 組 CUSCO ADVAN WRX-STI

今季はアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)に加えJRCにも参戦する炭山は、ターマックラリーの経験は少ないが事前テストでマシンセッティングを煮詰めこのラリーに臨んだ。オープニングステージは、例年勝負結果を大きく左右するロングステージの三方(10.54km)。ここを好タイムの5番手であがると、その後徐々に調子を上げダムサイドのギャラリーステージ・肥前では3番手タイムをマークするなど経験の少ないターマックラリーでも実力を発揮、Day1を新井選手、奴田原選手、勝田選手に続く4位で終える。

Day2はニューステージの塩木(7.84km)と、このラリーの林道SSでは最もアベレージスピードの低いテクニカルステージ・白木々場(3.83km)を2ループし、最後にギャラリーステージを2回する6ステージ・計24kmの構成。この日は予報通りの雨でステージはフルウェットコンディション、炭山もセッティングをウェット仕様に変更しステージに臨むがタイムが思うように伸びず苦戦。しかし、最後まで諦めずにアタックを続け、ギャラリーステージではベストタイムをマーク。順位を一つ落とし5位でのフィニッシュとなったが、初出場のこのラリーでこの結果は上々、幸先の良いシーズンスタートとなった。

MI4_0365.jpg
MIT_3591.jpgMIT_3667.jpg
写真左:炭山 裕矢(すみやま ゆうや)ドライバー
写真右:保井 隆宏(やすい たかひろ)コ・ドライバー

 

 

 

JN-6クラス8位・総合8位
牟田 周平 / 加勢 直毅 組 CUSCO ADVAN WRX-STI

2011年にクスコレーシングのプロトンサトリアネオを駆り、見事クラスチャンピオンを獲得した牟田は、昨年からマシンをインプレッサにステップアップ。2度目の唐津で入賞を狙うも、自分の走りの感触以上にDay1序盤からタイムが伸び悩む。苦しいスタートなったが、セッティングを変更しながらステージをクリアしDay1を9位で終える。

雨となったDay2、牟田は昨日のセッティング変更が功を奏し好タイムを連発。SS13、2回目の塩木ではトップ3に割ってはいる3番手タイムをマーク。この日は全ステージ好タイムでまとめ、ポジションを1つ上げ8位でフィニッシュ。課題は残ったものの牟田にとって貴重な経験を積むことができたラリーとなった。

MI4_1650.jpg
MI4_1260.jpgMIT_3607.jpg
写真左:牟田 周平(むた しゅうへい)ドライバー
写真右:加勢 直毅(かせ なおき)コ・ドライバー

 

 

 

JN-4クラス優勝・総合24位
竹内 源樹 / 安東 貞敏 組 CUSCO ADVAN BRZ

2014年の新しいクラス区分で誕生した「RPN車両」は2006年1月1日以降のJAF登録車両が対象となる。またクラッチ、LSD、サスペンション、ブレーキパッド、タイヤ、ホイールなどは変更可能。ロールケージは必須となるが、従来の車両規定によるマシンと比べると改造範囲はせまく、より市販車に近いローコストで参戦可能なマシンとなる。クスコレーシングはこのRPN車両によるJN-4クラスにスバルBRZを投入。若手ドライバー竹内源樹を抜擢し新たな挑戦を開始した。今大会このクラスには5台のマシンがエントリー、86、BRZのワンメイクとなったが、ベテランから若手そしてタレントの哀川翔さんもエントリーするなど注目のクラスとなった。

ラリーは竹内と、同じくBRZのクスコジュニアラリーチーム平塚選手との一騎打ち。時にはコンマ差でトップを奪い合う熾烈なバトルを序盤から展開するも、SS7・林の上(4.25km)でバンクにマシンをヒット。マシンダメージはなかったものの、このステージだけで平塚選手から6秒以上遅れてしまう。その後のステージでもわずかに遅れDay1を8秒差の2位で折り返す。

迎えたDay2、最初のステージ塩木(7.84km)ではウェット路面を果敢に攻めベストタイムをマーク、平塚選手との差を一気に2秒にまでつめると続く2本のステージでついに逆転。3秒のマージンをもって最後のギャラリーステージを走りきり、最終的にはわずか1.6秒差で優勝。クスコレーシングからのデビューイベントでの勝利とともに、ベテランドライバーとの攻防を制した貴重な1勝を獲得した。また、この優勝が全日本ラリーでのスバルBRZ初勝利となり、クスコレーシングはトヨタ86に続きスバルBRZにも初勝利をもたらしたチームとなった。

MI4_0659.jpg
MIT_3783.jpgMIT_3831.jpg
写真左:竹山 源樹(たけうち げんき)ドライバー
写真右:安東 貞敏(あんどう さだとし)コ・ドライバー

 

 

次戦、第2戦 『久万高原ラリー2014』 は、5月3-5日 愛媛県久万高原町周辺で開催される。

 

 

MI4_2614.jpg

all photo by Mitsuru Kotake

 

 

関連情報

ツール・ド・九州 2014 In 唐津 公式HP

 

リザルトページ

 

JRCAニュース

 

 

 




  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • スズキ アルトワークス/アルトターボRS(HA36S)各種パーツ新発売
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン パーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー パーツ特集
  • スバル・レヴォーグパーツ発売中
  • トヨタ86、スバルBRZ パーツ特集
2014全日本ラリー開幕戦 『ツール・ド・九州2014 in 唐津』 レポート
ページトップへ
ページトップ
  • CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.