車種別メニュー
車高調ミニカタログ CUSCOカタログ(全ての製品) スタビ&補強ミニカタログ
  • モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

クスコ・ワールドラリーチーム

 

来週末9月26-28日に北海道帯広市を起点に開催される、2014 FIA アジア・パシフィックラリー選手権(APRC)第5戦に出場するクスコレーシング新型WRX STI ラリーカーが完成し、動作確認程度ながらドライバーの柳澤宏至選手によりシェイクダウンも完了した。国内ラリーはもちろんFIA格式のラリーでの新型WRX STIのデビュー戦ということで国内外メディアの注目度も高い。
 

クスコレーシングの柳澤選手は2004年から7年間、APRCを中心に海外ラリーに参戦した経験を持つ。4年ぶりのAPRC参戦だが、2011年には全日本戦のラリー北海道で総合優勝を果たすなど、ハイスピードグラベルを得意とするドライバーだ。その復帰戦となる舞台には新井敏弘選手、MRF TYREチームのシュコダ・ファビアS2000のガウラブ・ギル選手、ヤン・コペッキー選手など強豪がひしめくが、チームメイトチームであり2010年、2012年のアジアチャンプである炭山裕矢選手も強力なライバルとなる。  
 

チームは明日から順次現地入りし、事前現地テストを経て週末の本番に臨む。ラリーは9月26日のセレモニアルスタートの後、ギャラリーステージとなるスーパースペシャルステージを走行。本格的な林道ステージは翌27日から開始され、2日間で18ステージ、総ステージ距離222.28kmで争われる。

 

関連情報
クスコレーシング・ラリー北海道参戦情報

 

cusco_wrx_sti_2015_rallycar_front.jpg

cusco_wrx_sti_2015_rallycar_room.jpg

cusco_wrx_sti_2015_rallycar_room2.jpg

cusco_yanagisawa.jpg

cusco_wrx_sti_2015_rallycar_front2.jpg

 

 




  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • スズキ アルトワークス/アルトターボRS(HA36S)各種パーツ新発売
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン パーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー パーツ特集
  • スバル・レヴォーグパーツ発売中
  • トヨタ86、スバルBRZ パーツ特集
CUSCO新型WRX STI ラリーカー完成・ラリー北海道に出場
ページトップへ