• モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

クスコ・全日本ラリー

 

エリア一新の舗装戦で三好がクラス3位を獲得
セッティングに苦しんだ柳澤は6位入賞

 

_MG_2796.jpg

 

2012年全日本ラリー選手権第6戦「第48回大阪電通大チャリティーラリー 丹後半島ラリー2012」は8月24-26日、京都府京丹後市にある丹後文化会館に拠点を構えて開催された。前戦モントレーに続く本格ターマックラリーだが、京都での全日本戦開催は3年ぶり。長く中部・近畿地区の地区戦として開催されてきた実績のあるイベントだが、今回は走行エリアが新たに丹後半島に移り、競技設定としては内容が一新された。

 

クスコレーシングからは、モントレーで総合3位に入りシリーズでも3位につけているエースドライバー、柳澤宏至/中原祥雅組(スバルインプレッサWRX STI=GRB)と、モントレーでは一時クラス首位を快走して速さを見せつけた三好秀昌/保井隆宏組(トヨタ86)がエントリーした。

 

_MG_2633.jpg_MG_2688.jpg_MG_6280.jpg

 


この丹後半島ラリーでは、計4本のステージを使用。8月25日の競技初日は、3.92kmの太鼓山線、9.12kmの角突山線、3.94kmの奥寄線のステージを2回ずつループした後、太鼓山線と角突山線をさらに再走する8SSで構成された。26日のデイ2は、角突山線、4.86kmの大内線、奥寄線を走行し、サービスを挟んだ後に5度目の角突山線と再走の大内線で締めくくる。計13SSの総ステージ走行距離は78.90kmとなる。

 

今回、ラリーコースが設定された丹後半島のステージは、全日本カレンダーに構成される舗装戦としては珍しく、道幅が広いサーキットコースのような性格。適切なライン取りとマシンのセッティングがかみ合わなくては好タイムにつながらない。長くAPRCで海外ラリーの経験を積んできた柳澤だが、APRCはすべてグラベル戦で構成されるため、柳澤としては絶対的に舗装戦での経験値が少ないことが課題。今回は、まさに舗装向きのセッティングを見いだすことに苦戦することとなった。ステージごとにサスペンションセッティングを変更するも、なかなかタイムアップができない状況が続く中、6番手周辺のタイムでまとめ総合6位で初日を折り返す。デイ2は、5位へのポジションアップを目指し奮闘したが、最終的に10.9秒差で順位は変わらず総合6位でのフィニッシュとなった。



柳澤/中原組 CUSCO ADVAN WRX STI    柳澤宏至選手(写真一番右)
_MG_2764.jpg_MG_6359.jpg_MG_2976.jpg

 

 

 

一方、トヨタ86の三好は序盤リズムをつかめず4番手を走行。しかしセッティング変更を行った2ループ目以降はコンスタントにセカンドベストタイムをマークし、JN-3クラス3位で初日を終える。2位との差はわずか2.3秒だ。デイ2は2位浮上を目指しアタックをかけ好タイムをマークするが、舗装ラリーは前戦のモントレーが2004年以来という三好。柳澤同様、海外ラリーの経験が多く、FIAアフリカチャンピオンのタイトルを獲得したこともあるグラベルでの経験が多いドライバー。それでもベテランらしい応用力を発揮し、激しい2位争いを展開。ターマックを得意とする筒井選手を相手に2位奪取は逃したものの、その差はわずか2.4秒。特徴の際立つ舗装戦でクラス3位とポディウムフィニッシュを決めてみせた。


三好/保井組 CUSCO ADVAN 86   三好秀昌選手と保井隆宏選手(写真一番右)

_MG_2796.jpg_MG_2897.jpg_MG_3007.jpg

 

2012全日本ラリー選手権の次戦、第7戦は、9月14-16日、北海道帯広市の北愛国交流広場を拠点に開催される「RALLY HOKKAIDO」 (グラベル)。アジア・パシフィックラリー選手権との併催になるほか、全日本戦としても係数2.5が懸かるシーズンの大一番。昨年、柳澤はこのラリーで自身初の全日本総合優勝を決めており、得意の高速グラベル戦での連覇に大きな期待がかかる。またJN3クラスには三好のトヨタ86、明治のプロトンサトリアネオが出場、アジア・パシフィックラリー選手権には、前戦マレーシアを2位でフィニッシュし、アジアカップタイトル奪還を目指す炭山がランサーEvo.Xで出場、そのチームメイトとして牟田がGRBインプレッサで出場予定となっている。

 

JRCA速報リザルト(クリックしてPDFでご覧ください)
JRC_Round6-2012(丹後半島ラ.jpg

 

 

JRCA速報 各クラスシリーズポイント表

JN4

JN3

JN2

JN1

 

 

関連情報

大会情報 http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/201262012.html
 

第1戦レポート http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/2012_8.html
第2戦レポート http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/2012_9.html
第3戦レポート http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/2012_10.html
第4戦レポート http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/20124_ark.html
第5戦レポート http://www.cusco.co.jp/motorsports/all_japan/5_2012_in_1.html


第1戦ムービー http://youtu.be/cAsOjgy4ExI
第2戦ムービー http://youtu.be/llZAzDJzjY0
第3戦ムービー http://youtu.be/YS_ezVgVRVA
第4戦ムービー http://youtu.be/eiyLRGeq34g
第5戦ムービー http://youtu.be/rHjSGK4dN48

 

 




  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • スズキ アルトワークス/アルトターボRS(HA36S)各種パーツ新発売
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン パーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー パーツ特集
  • スバル・レヴォーグパーツ発売中
  • トヨタ86、スバルBRZ パーツ特集
2012全日本ラリー第6戦『丹後半島ラリー2012』レポート
ページトップへ
ページトップ
  • CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル
サイトマップ

Copyright (c) CUSCO Japan co.,ltd. All Rights reserved.