車種別メニュー
CUSCOカタログ(全ての製品) スタビ&補強ミニカタログ
  • モータースポーツ情報内検索

RSS

QRコード:モータースポーツ情報
  • 携帯でQRコードを読み取るか、URLを直接携帯に入力してアクセスしてください。

スーパーGTレースレポート

pic-33.gif

●SUPER GT 第9戦 決勝(富士スピードウェイ)
 2007年11月4日(日)

・着実な走行を続けポイント獲得に、あと一歩の11位チェッカー
・マシンの方向性を再確認し
・充分なデータも蓄積、成績以上の収穫を得た


早朝から秋晴れとなった決勝日。シーズン最後の決戦を見ようと、富士スピードウェイには5万人近いファンが詰めかけた。朝一番のフリー走行からサポートレースを挟んでピットウィークと、ボルテージはぐんぐん上昇していった。今回は、94年に全日本GT選手間が本格開催されてから、ちょうど100戦目のメモリアルレース。決勝レースのスタート前には、それを記念するセレモニーも行われた。

山野哲也と青木孝行、2人のドライバーは、フリー走行でマシンの最終状態をチェックしていたが、今回は青木選手がスタートを担当。山野選手は後半パートを受け持つことになる。今季初めてスタートを担当する青木選手は、慌てることもなくクリーンスタート。直後の混乱を上手くかわし、ひとつだけポジションアップしてオープニングラップを終える。その後もポジションキープに徹した青木選手は、大きな順位変動もなく安定したペースで周回。ライバルよりもルーティンピットを遅らせたこともあり、クラス5番手まで進出し34周を終えたところでピットに向かった。
このルーティンのピットインでは、タイヤ交換やエンジンの再始動に少し手間取ったこともあって、少し予想外のタイムロス。替わった山野選手がピットアウトした時には、19番手までポジションダウンしてしまった。

pic-35.gif

後半のスティントを受け持つ山野選手も、我慢のレースを強いられることになる。それでも、着実に周回を重ねていくウチに、上位陣の中から後れるマシンも出てくるようになり、結局、クラストップと同周回の12位でチェッカー。レース後に、ペナルティでタイム加算されたマシンがあり、結果的には11位でレースを終えることになった。

チェッカーを受けるのは今季3度目と、結果だけ見れば散々なシーズンのようだが、マシンは着実に進化している。今回のレースで、マシンを開発していく方向性を改めて確認することができ、何よりも、完走することで多くのデータを蓄積できた。完走できた達成感とポイントに手が届かなかった悔しさ。それぞれを胸にしまい、07年シーズンは幕を閉じると同時に08年シーズンのスタートが切られた。

●スタッフボイス:大溝敏夫監督
「11位という結果は、正直悔しい気持ちもあるのですが、やっと完走できました。ピットインで少し(予想外の)タイムロスがありましたが、それ以外はノーミスのノートラブル。闇雲に理想を追い掛けるのではなく、今の自分たちの力を100%出し切っての結果です。キチンとレースを走り切ることで、大きな経験を積むとともに、次に活かせるデータを蓄積できました。前回のオートポリスから、随分とクルマも体制も見直しましたが、シンメトリカルAWDというインプレッサの基本パッケージングの持っているアドバンテージを、より効率よく活かせる方向性を確認することができました。それが、11位という結果以上に大きな収穫となりました。これでシーズンを終えることになりましたが、今シーズン走ったマシンを分析し直し、来シーズン用のマシンに活かせるよう、頑張っていきます。シーズンを通じて応援していただき、ありがとうございました。」

●ドライバーズボイス:山野哲也選手
「今日は、ドライバーとして、ほぼ完璧なレースができたと思う。でも、速さが足りなかった。思っていたよりも、コンマ5秒ほど遅かったね。この1年間で、クルマは凄く進化したと思う。でもそれを結果に結びつけることが出来なかった。これが反省点かな。でも(インプレッサの)悪いところも分かってきたし(ポテンシャルとしての)上がり代もあるから、これからが楽しみですね。今日の悔しさをバネに、来シーズンの頑張りに繋げることが出来れば・Bそう考えるなら、意味あるレースだったんじゃないかな。」

●ドライバーズボイス:青木孝行選手
「内容的には悪くなかった。今シーズンは3回しか完走できませんでしたが、その3回の中でも、好いレースだった、と思います。ただ、速さが足りませんでしたね。あと、ピットインのタイムロスもちょっと響いたかな。でも、今の自分たちのポテンシャルで、ちゃんと完走できれば、入賞圏内には手が届く。そんな手応えがありました。来シーズンのことは、まだ何も決まっていませんが、引き続き走ることになったら、もっと速く走らせることが出来るようになると思います。」

pic-34.gif

pic-36.gif

pic-37.gif

Rd.9/決勝 Round 9 富士
ページトップへ