• CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル











MENU
  • 車高調サスペンションキット
  • サスペンションパーツ
  • LSD
  • その他駆動系
  • クラッチ
  • ストラットバー
  • ボディ補強パーツ
  • ロールケージ
  • エンジンパーツ
  • スポーツイクイップメント
  • オリジナルグッズ アクセサリー
  • 競技用パーツ
  • 取扱いブランド
  • 製品情報内検索

キャロッセ・キャロッセ製品について

RSS

86&BRZ スーパーチャージャー用フラッシュメモリーシステム新発売

2014年以前の記事につきましては、税込価格が掲載当時の税率で表記されている場合がございます。
最新の価格については、ウェブカタログでご確認ください。ウェブカタログ

2015.12.05
965-720-FS_Disp.jpg
 
CUSCO新製品情報をご案内致します。

トヨタ86(ZN6) &スバルBRZ(ZC6)用エンジンパーツ『フラッシュメモリーシステム』(クスコスーパーチャージャー専用)が新発売となりました。(前期型専用・後期用データ開発中)

クスコスーパーチャージャー(別売)装着車のECUリセッティング書き換え専用フラッシュメモリーシステム

~クスコスーパーチャージャーシステムをより手軽に装着可能になりました!~

 フラットなトルク特性と扱いやすさで大好評の86&BRZ用クスコスーパーチャージャーキット。
クスコのS/Cキットは大きな加工を必要としない完全ボルトオンキットのため、高い信頼性と取付のしやすさが特徴のひとつとなっています。3リッタークラスの圧倒的なパワー&トルクは非常に乗りやすく、多くの86&BRZユーザーの皆様にオススメしたいエンジンチューニングメニューです。

CSUCO_SC_BANNER.jpg


スーパーチャージャーキットの装着時には、ノーマルのエンジンコンピューター(ECU)では制御出来なくなるためS/C対応データへの書き換えを行う必要があります。
 ①現車セッティングによるECUの書き換え・・・最も効果的だが費用と時間がかかる。専門店に車両を持ち込み、店でS/Cキット装着後に実走テストを行いながら純正ECUの書き換え作業を行う方法。細かなセッティングでライトチューン~ハードチューンまで対応可能。

 ②ECUを取り外し専門店へ送って標準的なS/C対応データへ書き換え・・・S/Cキット装着後にノーマルECUを取り外し専門店へ送って既存のS/C対応データへ書き換える。ECUを取り外して送る必要があり、その間は車は走行出来ない。またノーマルへ戻す際には同様の作業をもう一度行う必要がある(再書き換えも一般的には有償)。純正交換タイプのエアクリーナーやマフラー交換などの吸排気系ライトチューンに対応。

専門店が近くに無い場合や、車を使用出来ない期間があって困るなど、ユーザーにとってECU書き換え作業がS/Cキット装着の大きなハードルとなっていました。

クスコスーパーチャージャーキットをよりお手軽にお楽しみいただくために・・・『フラッシュメモリーシステム』
『フラッシュメモリーシステム』を使用すればS/Cキット取付後にすぐにECUデータを書き換えて走行可能です!
※予めフラッシュメモリーシステムにS/C対応データをご準備ください。・・・詳細下記参照
※ライトチューンの場合に限ります。エキゾーストマニホールドや触媒なども交換されている場合には現車セッティングを行ってください。

【フラッシュメモリーシステムの主な機能】

・ノーマルECUデータの読み込み、S/C対応データの書き込み。
・ノーマルECUデータへの復元。
・ソフトウェア『Sprintex UserUser』を使用し、ECUデータをフラッシュメモリーシステム本体へ転送。(*1)
・タッチパネル式で簡単設定
・エンジン自己診断機能付き(ダイアグノーシス)
・自己診断コードの読み取りとエラーコードクリアが可能。
 
965-720-FS_Dispimg.jpg 965-720-FS_Disp2.jpg

☆適合車両

トヨタ 86 (型式ZN6) 前期型/ スバルBRZ (型式ZC6)前期型(~アプライドD型)

クスコ フラッシュメモリーシステム
 
商品コード  965 720 FS
JANコード 4996 3380 99617
税抜価格 ¥70,000

備考 本製品はクスコスーパーチャージャーキット(別売)装着車の前期型86&BRZ専用
※S/Cキットオプション 75mmドリブンプーリーにも対応(標準80mm仕様と同一マップデータ)
フラッシュシステムによるECUデータ書き換えを行う場合には、純正の圧力センサーを使用します。
(ECUデータの現車セッティングを行う場合は、S/Cキット付属のBOSCH社製圧力センサーを使用すること)
通信にはUSBケーブルを使用。パソコンへは 『Sprintex UserUser』のインストールが必要。ソフトウェア『Sprintex UserUser』はWindows 8/7/vista/XP対応。(Windows10非対応)

 
【キット内容】
フラッシュメモリーシステム本体、OBDⅡケーブル本体、USBケーブル、専用CD-ROM(ソフトウェアインストール用)
純正圧力センサー用取付マウント(クスコS/C対応)、純正圧力センサー用延長ハーネス(クスコS/C対応)
※ECUデータ書き換える為には別途パソコンが必要です。(Windows 8/7/vista/XP対応)
 
【ご使用方法】
①フラッシュメモリーシステムをOBDⅡコネクタへ接続しノーマルECUデータを読込む。
(データ読み込み後も車両は通常走行可能。ただしS/Cキット装着前のノーマル状態に限ります)
②パソコンで専用ソフトウェア『Sprintex UserUser』を起動、ノーマルECUデータをフラッシュメモリーシステムからパソコンへ転送。
③ノーマルECUデータを、メールにて弊社に送付。(専用メールアドレスと送付手順は製品に記載)
④弊社にてECUデータをスーパーチャージャー用データ作成。お客様にメールで送付。・・・通常2~3営業日いただきます。
⑤S/C対応データをメールで受け取り、『Sprintex UserUser』を起動してフラッシュメモリーシステムにデータを転送。
⑥フラッシュメモリーシステムを使ってECUにスーパーチャージャー用データを書込む。
※データ書き込みを行えるのは、フラッシュシステム1台に対し車両1台のみ。
ノーマルECUデータに戻せば他の車両にも使用可能。ただしデータの入れ替えは計3回まで。
 
965-720-FS_connect.jpg 965-720-FS_obd.jpg
 

 



  • スズキ アルトワークス(HA36S)各種パーツ新発売
  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン クスコパーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー クスコパーツ特集
  • スバル レヴォーグ クスコパーツ特集
  • トヨタ86 スバルBRZ クスコパーツ特集
86&BRZ スーパーチャージャー用フラッシュメモリーシステム新発売
ページトップへ