• CUSCOのみんから+
  • CUSCO_WEBをフォローしましょう
  • CUSCOのFacebook
  • CUSCOのInstagram
  • CUSCOチャンネル











MENU
  • 車高調サスペンションキット
  • サスペンションパーツ
  • LSD
  • その他駆動系
  • クラッチ
  • ストラットバー
  • ボディ補強パーツ
  • ロールケージ
  • エンジンパーツ
  • スポーツイクイップメント
  • オリジナルグッズ アクセサリー
  • 競技用パーツ
  • 取扱いブランド
  • 製品情報内検索

キャロッセ・キャロッセ製品について

RSS

トヨタ86 & スバルBRZ用 レデュースリードバルブ新発売

2014年以前の記事につきましては、税込価格が掲載当時の税率で表記されている場合がございます。
最新の価格については、ウェブカタログでご確認ください。ウェブカタログ

2013.01.28

 

エンジン燃焼工程で発生するブローバイガスを制御する画期的な新製品!

レスポンス & トルクアップ
エンジンノイズ&シフトショック減少!

クスコ・レデュースリードバルブ新発売!
<<TOYOTA 86 & SUBARU BRZ専用設計によりボルトオン装着可能>> 

適合車両 : トヨタ86(型式 ZN6) / スバル BRZ(型式 ZC6)

P1070320_2.jpg

rdv_effect.png

 

 

レシプロエンジンのクランクケース内では、燃焼工程の際に必ず不燃焼ガス(通称:ブローバイガス)が発生します。本製品はこのブローバイガスを適正に制御(クランクケース内減圧・・・詳細最下記参照)し、エンジンにかかる負荷を低減することでエンジンレスポンス&トルクを向上させます。
またシフトショックを軽減するとともにエンジンのノイズも低減させスムースでスポーティなワンランク上のドライビングを実現します。

 

●クランク脈動に呼応して開閉するバルブを持つ1WAY(一方通行)方式のバルブにより、
 クランクケース内を減圧しクランクの回転抵抗を低減

●本体はオールマシニング加工による、精巧なアルミ削り出し

●従来のスライドバルブ方式とは異なる、ブローバイガスの流れを妨げないリードバルブ方式を採用

●微弱なクランク脈動にも呼応し、錆びにくいステンレス製極薄リード弁採用

●経年劣化による性能低下時はリード弁の交換が可能(別売)

 

 

freefont_logo_cinecaption227 (1).png

 


 

 

reduce.jpg


クスコ・レデュースリードバルブ

       クアッドリードタイプ

 


取付に必要な専用ブローバイホースなど一式

セットになっています。

取り付け時には車両側の加工は一切ありません。

※製品付属の取付説明書を参考にして取付を行ってください。尚、純正部品の脱着時には自動車メーカー発行の整備解説書をご覧下さい。

【商品コード】965 729 A


【税抜価格】56,800円

【JANコード】4996338061171

【キット内容】

・レデュースリードバルブ本体 ×1

・L型ホース ×1

・ストレートホース ×1

・プラグ ×1

・プラグ取付用ボルト(治具) ×1

・ホースバンド ×2

・結束バンド ×1

・取扱説明書 ×1p 


P1060576_2.jpg

 

P1070326_2.jpg

 

P1060564_2.jpg

 

◆クランクケース内減圧とは?(エンジン内部のメカニズムをご説明させていただきます)

クランクケースを含めたエンジン内部では「吸気・圧縮・燃焼・排気」の4行程(4サイクルエンジン)が行われ、これによって出力を発生させています。その際エンジンの構造上未燃焼の混合気(ブローバイガス)が発生します。

ブローバイガスは燃焼行程に発生し、ピストンとシリンダーのわずかな隙間からクランクケース内へと漏れ出します。ブローバイガスはオイルの劣化や金属の腐食を誘発し環境にも悪影響を及ぼす為、昨今は吸気経路に戻し再燃焼させる方式が一般的です。

クスコ・レデュースリードバルブはワンウェイバルブ方式(リードバルブ式)ですので、通常だとブローバイ経路内を「行ったり来たりする」ブローバイガスを「排出のみで戻りはストップ」します。弁の開閉はクランク回転に応じており、機械的・電気的な要素を必要としません。つまりエンジンの回転状況に応じた開閉を行うのです。

 エンジンは燃焼時において空気や燃料を取り込みますので「加圧」の状態。これに対しアクセルオフ時には空気や燃料を取り込まない状態に関わらずクランクが回転し続けるので、「排気行程は作用しているにもかかわらず入るものがない状態」となり「負圧」状態となります。通常ブローバイガス経路はインテーク経路とダイレクトにつながっているので、この負圧の場合には外気を取り込み外気圧と等しい状態となります。クスコ・レデュースリードバルブの装着により外気の流入が制限された状況だと、エンジン内部は負圧の状態が保たれます。
負圧(減圧)となったクランクケース内ではブローバイガスが減少し「空気抵抗が減少」した(低圧)状態となります。これによりクランクが回転するための障害となる空気抵抗が減少し、わずかなチカラ(出力)でもエンジン(クランク)はスムースに回転することが出来るようになります。

クランク回転の負荷を取り除くことでアクセルレスポンスは向上し出力も向上したようなフィーリングとなります。エンジン回転の抵抗が減ることで燃費の改善にもつながります。

※純正状態で装着されている似たような機構をもつPCVバルブはクスコ・レデュースリードバルブの機構と性能を発揮出来なくしてしまう為、付属のプラグにて機構を停止させます。



  • スズキ アルトワークス(HA36S)各種パーツ新発売
  • 「匠」手作りと自社生産へのこだわり
  • マツダ ロードスター クスコパーツ特集
  • トヨタ アルファード/ヴェルファイアクスコパーツ特集
  • スバル 新型WRX STI クスコパーツ発売開始
  • ダイハツ コペン クスコパーツ特集
  • トヨタ ノア/ヴォクシー クスコパーツ特集
  • スバル レヴォーグ クスコパーツ特集
  • トヨタ86 スバルBRZ クスコパーツ特集
トヨタ86 & スバルBRZ用 レデュースリードバルブ新発売
ページトップへ